--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'07.10.12:08

BORKA

Borka. Die Erlebnisse einer Wildgans Borka. Die Erlebnisse einer Wildgans
John Burningham (2005/01)
Sauerlaender GmbH
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数約1,060
現在まで:85冊 623,188語


hanazoさんの紹介で読みました。
ありがとうございます!
朗読CDを使って読んだのですが、とても聴きやすい朗読でリズム良く読めました。


絵本作家として有名らしい(←知らなかった)ジョン・バーニンガムさんのデビュー作で、ケイト・グリーナウェイ賞というのを受賞した作品だそうです。

生まれたばかりの6羽のガチョウの中で、たった一羽だけ羽の生えていないBorkaがこの絵本の主役。
この設定だけ聞くと「みにくいアヒルの子」に似ているようにも思いますが、Borkaの方が本来の「優しさ」みたいなものが溢れているような気がします。


ネタバレかもしれないですが、
最後は「あぁ良かった…」と、しみじみと思える素敵な絵本です。

なんとも味わいのあるあったかいタッチの絵も良かったです。
こういう絵を見ると、自分でも何か描いてみたくなりますね。

スポンサーサイト
YL2~トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。