--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.07.15:20

The Cat Mummy

The Cat Mummy The Cat Mummy
Jacqueline Wilson (2002/03/04)
Corgi Childrens
この商品の詳細を見る

YL3.5 総語数9000
現在まで:82冊 574,215語


以前hanazoさんのブログで知ってから、いつか読んでみたいと思っていた本。

hanazoさんのThe Cat Mummyの記事はこちら

主人公が、大切にしていた猫の死を、そして死そのものをどう受け入れていくか、
そしてその時周りのおとな達は…という感じのお話です。

児童書とは思えないややショッキングな内容も含まれるので、
これを子供が読むのか…と、正直ちょっと驚きましたが、
それを引っくるめて、とても素晴らしい本だという感想を持ちました。
「死」、昨日までそばに居た存在が無くなる、ということが理解できなかった、
大昔の自分の感情もひょっこり顔をだしたりして、懐かしさも残りました。

子供が読んだらどうなのかはちょっとイメージできないんですけど、
大人の方にはおすすめです。泣けてしまいますけどね。

英語は割と難しい単語が多かったので、時々辞書をひいて読みました。

hanazoさんのおかげで良い本に出会えました。ありがとうございました!

スポンサーサイト
YL3~トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back

hanazo

にゃんたろーさん、こんばんは。

リンク&トラバありがとうございます。

Jacqueline Wilsonの本は易しめの本を何冊か読みましたが私は割と好きな作家さんです。子供ならではの残酷さもありますが、子供の心理を上手く捉えてると思います。
あれも読みたいこれも読みたいと積読本が沢山あってなかなか手が伸びませんが時間を作って他の本もぜひ読んでみたいと思ってます。
口語調のところが少々読み辛い部分ではありますが、それでも話しにグイグイ引き込まれていってしまう・・・そんな話が多いです。
機会があればぜひ他の作品も。

ちなみにこの本、翻訳本もありますよ。図書館で見つけました。
ショッキングなシーンが日本語で書かれているのはちょっと・・・と思い借り読んではないのですが・・・。

2007/06/07(木) 20:40:10 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

こんばんは♪

hanazoさんのおかげで、すごーく満足度の高い児童書を読むことができました!
ほんと、感謝感謝です<(_ _)>

でも、結構難しかった!
ところどころ何度読んでも良く分からない箇所もあったし(汗)、この本の良さをしっかりと味わうには、もう少し英語力が必要かもなぁと痛感しました(^_^;)
実力ついたら、他の作品もいつか読んでみたいなぁ♪

それから…
翻訳版があるんですか?う~ん、、それはビックリ。
日本ではちょっと難しいんじゃないかと、勝手に思ってしまってたので。
図書館いったら、私も探してみます!

2007/06/07(木) 23:26:47 | URL | [ 編集]

sally

多読のブログに変えられてからも,ずっとチェックしてましたv-410
あー,多読のメルマガといい,にゃんたろーさんの記事といい,ますます英語本読みたくなっちゃうじゃないですかー。
やらなきゃいけないことてんこ盛りだから,図書館へ行くのをぐっと我慢してます。
あんまり意味ない我慢かも
今住んでいるところの図書館はちっこいので,期待できないかもなぁ。。。
はて,私の語数っていくつだったかしら。
その点,海外は置いてある本が英語ばかりだったので(当たり前)選ぶのは楽でした。。。

2007/06/09(土) 15:01:55 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

こんばんは♪
うちの近くの図書館も、英語の絵本が少なくてずっと諦めてたんですが、この間久しぶりにのぞいてみたら英語本の数がずいぶん増えててビックリ!今も何冊か借りてあります(^_^)
海外に置いてある本は英語ばかり、、(笑)
そういわれてみればそうですよね~
なんか改めていいな~~とか思ってしまう!

2007/06/09(土) 20:08:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。