--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.27.14:08

the Bronte Story

The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3) The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
Tim Vicary (2000/04/27)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数9,600
現在まで:77冊 525,748語

大昔、翻訳版を読んで大いに刺激を受けたエミリー・ブロンテの「嵐が丘」。
いずれ原書で読んでみたい本の1冊なんですが、作品のバックグラウンドは今まで全く知らなかったので、いろいろとかなり驚きつつ、面白く読みました。
「嵐が丘」で印象深かった、荒涼とした丘や打ち付けるすさまじい風の音が、彼女の実際の生活の一部だったんだということを知り、妙に感動しました。
いまだに日テレ「恋のから騒ぎ」のテーマとして使われている、ケイト・ブッシュの「嵐が丘~WETHERING HEIGHTS~」も好きでしたね~(^_^)
「ジェーン・エア」も近いうち読んでみたいな。

スポンサーサイト
YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。