--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.03.10:19

Mutiny on the Bounty

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library) Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)
Tim Vicary (2000/06)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL2.2 総語数5,862
現在まで:63冊 376,230語


だいぶ前に買った本なんだけど、なんとなく表紙が気に入らず(汗)ずっと放置していました。
どうやら私はメル・ギブソンが苦手なようです(^_^;)
とりあえず、その胸板はしまって欲しい…(汗)

実際読み始めてみると、YL2.2だし、出だしは読みやすいしで、さぞかしサクサクと読み終えてしまうのだろうと思いきや、後半からガクッと集中力がなくなり、つっかえながらも何とか読了という感じ。
今まで読んだTim Vicaryの中では、一番苦手でした。
スケールの大きい実話を少ない語数で説明するから仕方ないんだけど、話がちょっと唐突に感じられたり、何を伝えたいのか分かりにくかったりしましたね、私には。
中盤までは、かなり夢中になれましたが。
そして、地名が多いのは苦手・・・(汗)
だから航海モノとか、無理なのかも(笑)


しかし昔の航海というのはえらく大変だったんですね。
あっという間に年月が経ってるから、エーーーッ?と信じられずに何度も前に戻って日付を確認したりしてました。

スポンサーサイト
YL2~トラックバック(0)  コメント(1)
Next |  Back

ミク

いつも楽しく拝見しています☆
よかったらミクのホムペに遊びにきてください♬
http://genndama10.web.fc2.com/index.htm

2007/05/18(金) 14:23:06 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。