--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'10.30.20:43

Superbird

Superbird (Cambridge English Readers) Superbird (Cambridge English Readers)
Brian Tomlinson (1999/06)
Cambridge Univ Pr (Txp)
この商品の詳細を見る

YL2.6 総語数8,506 現在まで231,401
>こうやってつまづいちゃうと、読書スピードが一気に落っこちてしまうなぁ。
とさっき下のエントリで書いてすぐに、この本を手に取りました。
いや、続けて読んだ方がペースが戻せるかなぁと思い。

結果、大正解~。
すんごく面白くって、夢中になって読み進め、読み終わりました~♪
↓のfive children and it より語数多いんだけど、なんだこの差はww

異文化交流?系SFです。
ネタばれするともったいないのであまり詳しくは書きませんが
とにかく前半の、お話の全容が明らかになるまでがとっても好きです。
まぁどーゆーことなのかは早い段階で分かるんですが、
それでもやっぱりあの手の描写はいろいろ想像できるので、
自分勝手に面白がれるし。(笑)

ネタばれ懸念して書いてるから、
何言ってるのかさっぱりわからないかもしれませんね。(笑)

「ラジオ番組でのインタビュー」で物語が語られる設定もなかなか。
最後までガガガーッと読んで、最後でむむぅっと唸る、って感じでした。

SFだし、個人差が出る本だとは思いますが、私は相当楽しめました~♪


スポンサーサイト
YL2~トラックバック(1)  コメント(4)
Next |  Back

hanazo

five children and itはだめでしたか。(笑)
私はけっこう楽しめたと記憶してますが。
でもこっちの方が面白かったです。
もう少し長くてもいいかな・・・と思えるくらい一気に読んだと思います。
five children and itは偶然書店でもっとぶ厚いのを見つけました。原書のあるリトールド版だったのをそこで初めて知りました。(苦笑)
エピソードがかなり割愛されてるでしょうから原書なら楽しく読めるかも・・・?

 

2006/10/30(月) 21:47:06 | URL | [ 編集]

パラ

うちのコメントのお返事にも書きましたが、苦行の後にさらに苦行をしてしまうと、ドツボにはまってしまうので要注意です。(笑)
その点、にゃんたろーさんはうまくかわされたようなので、また引き続き読書が楽しめますね~♪

この本は、私も結構楽しめて読めた物です。好みは別れるでしょうが、まぁ、それはどの本にしても同じだし。
今読んでるのも面白そうな感じなので、読み終わったら、にゃんたろーさんにオススメにきます~。(笑)
SFじゃないけど。

2006/10/30(月) 23:31:37 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

アハハ five children and itは全然ダメでしたi-229
結構あの手の本は好きなんじゃないかと思ってたんですが
予想が大きく外れて自分でもビックリですi-201
原書だと、面白いかなぁ。
いずれ時が経って、手を伸ばそうという気になったら…って感じかなぁ(汗)
Superbirdは楽しかった!確かに読み終わるの寂しかったかも。

2006/10/31(火) 00:36:35 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

おぉっ!パラさんもこの本読んでましたか。
結構楽しめましたよね~、これ。
なんか変なんですが、洋書読み始めてから、日本語の本もあれこれ読みたくなってきてしまいました。

よさげな本、オススメ待ってますよぉ~i-185

2006/10/31(火) 00:46:42 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2007/02/09(金) 04:00:01 |

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。