--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'10.01.17:08

The Man from Nowhere

The Man from Nowhere (Cambridge English Readers, Level 2) The Man from Nowhere (Cambridge English Readers, Level 2)
Bernard Smith (2000/06)
Cambridge Univ Pr (Txp)
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数8448 現在まで170,086
砂漠に不時着したセスナ機。
家族を守るために、男は砂漠をひとり歩き続け、そして・・・
という感じの内容。

物語の出だしと、事故が起こった瞬間の描写が、
私には難しくて、正直言ってよく分かりませんでしたw
地名は相変わらず弱いし、曖昧な表現をされると
「エッ?エッ??」とキョドってしまいます(汗)
その後読み進めるうちに、あの時何が書かれていたのか
分かってきたので問題はありませんでしたが、
このレベルの本はまだ早いのかなぁとも思ったりして。

正体不明の「男」を中心に話は進み、
彼を待つ家族の様子が時折差し挟まれる展開が
ハラハラ感を演出しています。
何はともあれ、Andy君GJ!


スポンサーサイト
YL2~トラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back

para

CERの本って、出だし、そこがどういう場所でっていう地理的説明が入ってたりするので、適当に読んでたりします。これもその一つでした。(笑)
この話、展開は読めそうな話ですが、結構面白かったと感じました。

しばらく更新がなかったので、寂しく思ってましたが、本の感想エントリーが読めて嬉しいでっす。

2006/10/01(日) 22:49:17 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

こんにちは♪
ほほぉ。
出だしのアレは、CERの本の特徴だったりもするのですか。
考えてみたら、あまりCERを読んでなかったんですよね、私。
私も、本の後半はサクサクと面白く読めました~。

paraさんのブログが読めなくなってしまって、かなり寂しいですi-181
無理は申しませんが、また気が向いたら読ませてくださいね。

2006/10/02(月) 06:11:16 | URL | [ 編集]

hanazo

レベル1のGRを読んでいた頃、取っ掛かりが読み辛くて敬遠していたCERだったので、レベル2のGRでも最後の方に読みました。

「こんなんだったらもっと早く読めばよかったぁ~」と、ドキドキ、ハラハラしながら一気に読んだ記憶があります。
SFお好きなようなので、同じCERの「SUPERBIRD」もお薦めですよ。
GRはSFの話って少ないんですよね。

2006/10/02(月) 12:27:04 | URL | [ 編集]

にゃんたろー

取っ掛かり難しかったと聞いて、微妙に安心した小心者なワタシ…i-229
中盤以降は、あの取っ掛かりがウソだったかのようにテンポ良く進みますよね。

SFは割と好きな方だと思います。
おすすめの「SUPERBIRD」、
実はhanazoさんのブログですでにチェック済みでして、
次回の購入リストに入っていたりするんですよ(笑)
いつもありがとうございます☆

ホント、皆さんのブログに助けられて、
私の読書はかろうじて成立してるって感じです~i-202

2006/10/02(月) 22:03:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。