--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'08.24.17:20

Mouse Tales / Mouse Soup

Mouse Tales (I Can Read) Mouse Tales (I Can Read)
Arnold Lobel (1978/10)
Trophy Pr
この商品の詳細を見る

YL1.4 総語数約1,505
現在まで:90冊 630,473語

Mouse Soup (An I Can Read Book) Mouse Soup (An I Can Read Book)
Arnold Lobel (1983/09)
Trophy Pr
この商品の詳細を見る

YL1.4 総語数約1,339
現在まで:91冊 631,812語


CD聴きながらサクサクと、一気に。
いやぁ、かわゆすかわゆす。
こういう易しい本を読み聴きしていると、
最近またむくむくと頭をもたげてきた英語への自信のなさが
ちょこっと和らいでくれるみたいで、なかなかいいなぁ。

どっちかって言えばMouse Talesの方が好き。
お父さんネズミが7匹の子ネズミに読み聞かせる7つのお話。
The old manってお話だけはやや?だけど、
ウハハハとか、おいおいwとか、え…?(汗)とか、どんだけーとか、
時折ブキミに呟きつつ、たっぷり楽しませていただきました♪

Mouse Soupの中では、悪い夢でも見ているようなThe Cricketsが超お気に入り。
あ、決してホラーとかいう意味ではなくて。(笑)
これはゼヒトモ聴きながら読んで欲しい作品だなぁ。
笑いと寒気が一緒に味わえます。(^_^;)

スポンサーサイト
YL1~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'08.23.15:04

The Amazing Bone

The Amazing Bone (Reading Rainbow Book) The Amazing Bone (Reading Rainbow Book)
William Steig (1993/04)
Sunburst
この商品の詳細を見る

YL3.3 総語数約1600
現在まで:89冊 628,968語


図書館でなんとな~く手にしてその場で読んだ本ですが、
かなりツボに入りました、これ。
物語はあくまでぼーーーっと、たんたんと進みます。
良く考えるとかなり切迫した状況であっても、
この微妙な脱力感は変わりません。

こういう絵はさして好みじゃないはずなんですが、
このぼーーっとした物語には合ってる、というか、
もうこの絵しか考えられない。(笑)

William Steigの本は、図書館にはコレしかなかったけれど、
もうちょっと読んでみたくなりました。

ちなみにあらすじですが
「しゃべる骨が活躍するお話」ですかね。
とほほ。

☆追記
William Steigって、シュレックの原作者だったのですね。
全然知らなかった・・つか、シュレック見たことないし。(汗)
YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'08.23.14:46

Fat Lawrence

Fat Lawrence (Colour Young Puffin) Fat Lawrence (Colour Young Puffin)
Dick King-Smith (2001/07/26)
Puffin Books
この商品の詳細を見る

YL3.5 総語数約3000
現在まで:88冊 627,368語


この本もhanazoさんからお借りしました。
hanazoさんの書かれた記事はこちら

猫好きなhanazoさん、さすがのラインナップです♪
ありがとうございました~

メタボな猫さんがどうやって太り、そしていかに痩せるか…
そしてそれだけじゃ終わらない、ひとひねりあるお話が面白かったですー。
猫山盛な挿絵もカワイイです。

ちなみに、太った猫は見ているだけでニヤつくくらい大好きでございます♪

YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'08.23.14:28

Swimmy

Swimmy (Knopf Children's Paperbacks) Swimmy (Knopf Children's Paperbacks)
Leo Lionni (1992/12)
Alfred a Knopf
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数約200
現在まで:87冊 624,368語


Leo Lionniの絵本、2冊目。
眺めていているだけでも楽しいキレイな絵と、
たぶん以前どこかで聞いたことのある分かりやすい物語。

でも、私的には前読んだFrederickの絵とお話の方が好きかな。

YL2~トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。