--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'04.27.14:08

the Bronte Story

The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3) The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
Tim Vicary (2000/04/27)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数9,600
現在まで:77冊 525,748語

大昔、翻訳版を読んで大いに刺激を受けたエミリー・ブロンテの「嵐が丘」。
いずれ原書で読んでみたい本の1冊なんですが、作品のバックグラウンドは今まで全く知らなかったので、いろいろとかなり驚きつつ、面白く読みました。
「嵐が丘」で印象深かった、荒涼とした丘や打ち付けるすさまじい風の音が、彼女の実際の生活の一部だったんだということを知り、妙に感動しました。
いまだに日テレ「恋のから騒ぎ」のテーマとして使われている、ケイト・ブッシュの「嵐が丘~WETHERING HEIGHTS~」も好きでしたね~(^_^)
「ジェーン・エア」も近いうち読んでみたいな。

YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.26.20:27

The Canterville Ghost

不調続行中なので、ゴロゴロしつつたまに本気で寝つつ、読書のみ。
明日はまず間違いなく復活してるでしょう♪

The Canterville Ghost (Heinemann Guided Readers) The Canterville Ghost (Heinemann Guided Readers)
Oscar Wilde、Stephen Colbourn 他 (1993/01/31)
Macmillan ELT
この商品の詳細を見る

YL2.8 総語数8,200
現在まで:76冊 516,148語

Canterville Ghostの他、2編が収められてます。
こういうお話だったんですね、カンタヴィルの幽霊。
幽霊?なにそれ?なアメリカンファミリー、面白すぎw
2話目、3話目も面白かったです~。やっぱオスカーワイルドいいわ。
確かこれと全く同じ本、パラさんが読んでた記憶が…。
その時からこの表紙が気になって、読んでみたかったんですよね。
パラさん、元気かなぁ。


YL2~トラックバック(0)  コメント(2)
2007'04.20.22:03

The Call of the Wild

Call of the Wild (Oxford Bookworms Library) Call of the Wild (Oxford Bookworms Library)
Jack London (2000/08)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数11,000
現在まで:75冊 507,948語


図書館で適当に選んで借りた本。
カウンターに持っていったら、思いかけずカセットテープを付けてくれたので、この本が記念すべき聴き読み第一弾になりました。

聴き読みだから良かったのか、それとも本の内容が良かったからか…
いやいや、たぶん両方だと思うんだけど、ひじょーーっに楽しめました。
初めての聴き読み、音に理解がついて行けるのか心配してたんですが、たまに止めたり戻したりもしましたけど、ほどよく聞き流しつつ一気読みしてしまいました。

かわいいだけじゃない、動物と自然の話。
主人公(犬)のBuckを取り巻く環境が一変して、Buckの中の野生が目覚め、日に日に賢く強くなっていく過程がとても丁寧に描かれていました。
人に対しての深い愛情も伝わり、じーんときました。
適当に選んだ割には大当たり。読んで良かった~。
ただ、女性のセリフはやっぱり本物の女の人に読んで欲しいものだわ。
慣れるまで、背筋がザワついて困りました。

しかし、聴き読みってこんなに面白いものだとは!
チャンスを作って、他の作品も聴いてみたいですー。


YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.19.07:47

Rain Man

Rain Man (Penguin Readers: Level 3) Rain Man (Penguin Readers: Level 3)
Kieran McGovern (2000/05/09)
Longman Group United Kingdom
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数7,800
現在まで:74冊 496,948語

映画化されてあまりにも有名だったので、
逆になんとなーく手に取りにくかったんだけど、、、面白かった~
映画はみたことないんだけど、充分楽しめましたよ。
タイトルになってる「Rain Man」って何?の疑問が解けるくだりでは
自然と涙が出てきてしまって、予想外でした。
まったく・・・最近涙腺もろくなっちゃってヤバイです(^_^;)
YL3.2とありますが、かなり読みやすい本だと思います。

YL3~トラックバック(0)  コメント(2)
2007'04.18.10:17

Moondial

Moondial (Oxford Bookworms Library) Moondial (Oxford Bookworms Library)
Helen Cresswell (2000/07/06)
Oxford University Press
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数11,000
現在まで:73冊 489,148語

不思議な力を持つMintyが日時計(月時計)を使って幽霊と協力し、がんばる話・・・(笑)

「こうこうこーなって、こーなりました」ってことは大体分かるんだけれど、
「だから何さ?」と問いただしたくなるくらい私には意味不明で困りました。
要するに、ちゃんと読めてないのかもしれないけど、
確認のために再読する気にはなりそーもないなぁ。

原作は面白いのかもしれないけれど、
原作ありの映画がはしょりすぎてダメダメになっちゃいましたーって感じのGRでした。

YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.15.19:34

Jim Smiley and His Jumping Frog and Other Stories

Jim Smiley and His Jumping Frog and Other Stories (Penguin Longman Penguin Readers) Jim Smiley and His Jumping Frog and Other Stories (Penguin Longman Penguin Readers)
Mark Twain (2005/02/10)
Longman
この商品の詳細を見る

YL?? 総語数14,500
現在まで:72冊 478,148語

実はMark Twainってトム・ソーヤもハックルベリー・フィンも、全く読んだことがない。
これが初Mark Twain。

どこかで聞き憶えのある話や、いわゆる戦争物とはかなり違う視点で描かれた話、ラストの畳み込むような展開が面白い話やひたすらラッキーハッピーな話、犬の視点で描いた悲しい余韻の残る話など、バラエティにとんだ8編が収録されています。

どれもすごい面白い!って訳ではなかったけど、お話によってはかなり楽しめました。
他の有名な作品を呼んでみようかという気にはなりましたね。


YL?トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.13.23:50

Notting Hill

Notting Hill: Level 3, Penguin Readers (Penguin Longman Penguin Readers S.) Notting Hill: Level 3, Penguin Readers (Penguin Longman Penguin Readers S.)
Curtis (2005/02/10)
Prentice Hall College Div
この商品の詳細を見る

YL3.5 総語数14,000
現在まで:71冊 463,648語

えっと、ビデオ借りてから読んでみました。
映画は圧倒的にラブアクチュアリーの方が好きだけど、
読み物としてはこちらのほうが良かったかも。
でも再読はしないかな。
いずれにしても、映画をみてから読んだ方が
より楽しめるんじゃないかと思います。


YL3~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.13.11:38

Ethan Frome

Ethan Frome: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms) Ethan Frome: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
Edith Wharton (2000/08/17)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数10,717
現在まで:70冊 449,648語

どよ~ん・・・暗い・・・暗すぎる・・・orz
絶望的に救いのない本を読みたくなった時におすすめ。(どんなタイミングだ、それって)
でもこの悲劇、実はとても現実的であると分かってしまうのは、
私が余分にオトナに成り過ぎちゃったからでしょーか(^_^;)
暗いけど、きらいではないです。
未婚の方にはおすすめしません!(キッパリ)


YL3~トラックバック(0)  コメント(4)
 |TOP
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。