--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'01.28.15:35

How I Met Myself

How I Met Myself: Level 3 (Cambridge English Readers) How I Met Myself: Level 3 (Cambridge English Readers)
David A. Hill (2001/12)
Cambridge Univ Pr (Txp)
この商品の詳細を見る

YL3.6 総語数13,638
現在まで:62冊 370,368語


主人公John Taylorは仕事からの帰り道に、走ってきた男とぶつかった。転んだJohnが見上げると、その男の顔は自分そのものだった…。

・・・・

もう一人の自分とかその系の話しが割と好きなので読んでみました。
前半は正直、その語り口が少々かったるいというか、眠くなりまくりで…。
まぁこれは花粉症のせいもあるんだけども。
終盤にさしかかるとグンと面白くなってきてスピードは2倍速以上に。
落としどころにもう少しひねりと驚きがあったら嬉しかったんだけど、全体としてはまずまずでしょうか。

英語は私レベルには時折「??」となってしまうやや難しめな文章が…。
なんとな~く読み飛ばしづらい雰囲気だったので、前半はたまに辛くもなりました。


しかしJohn Taylorと言えば、私の中ではこの人しかいないので、妙な違和感が…(^_^;)

あ、特にファンって訳では…(汗)

なつかしーです(汗)

スポンサーサイト
YL3~トラックバック(0)  コメント(4)
2007'01.22.06:19

Catwings

Catwings (Catwings) Catwings (Catwings)
Ursula K. Le Guin (2003/05)
Scholastic Trade
この商品の詳細を見る

YL4 総語数2,912
現在まで:61冊 356,730語


羽を持って生まれてきた子猫たちが、母親のもとを離れて旅立ちました。
そして子猫たちは、いろんな出来事に遭遇して…

難しかったですー
今までで一番、ちゃんと読めてたんだかどーなんだか自信が持てない本。
特に前半、分からない単語のオンパレードで、たっぷりの挿絵がなかったら絶対に読み進められなかったと思う。
SSSの書評を読ませてもらうと、「透明感のある文章」とある。
正直、その透明感を味わえるほど、私はこの本を読み切れてないなぁ。

これは再読しなきゃだな。

YL4~トラックバック(0)  コメント(2)
2007'01.16.00:32

The Picture of Dorian Gray

The Picture of Dorian Gray: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms) The Picture of Dorian Gray: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
Oscar Wilde (2000/06/08)
Oxford Univ Pr (Sd)
この商品の詳細を見る

YL3.2 総語数10,000
現在まで:60冊 353,818語


内容の説明は省きますが、非常に面白い本。超超おすすめ。
中断することが出来ず、一気読みでした。
おかげでまたも他の勉強ができず…orz

若い時って気付かないけど、年を重ねるにつれて、
その人の人柄が徐々に顔に表れてきますよね~。
う~ 怖い~~(^_^;

シワ・シミ・タルミ対策の化粧品とか、
ウエストライン気にしたり、ストレッチやヨガやってみたり、
納豆買い込んだり、豆乳飲んでみたり、
「美」にこだわりだしたらそりゃもういろんなことに
手を出さなくちゃならなくなるんだろうけど、
それより何より、笑った顔がクシャ~ッっと可愛い
80歳くらいのおばあちゃんに憧れてしまう今日この頃。
こんな私は、すでに老化を受け入れてしまった負け組なのでしょうか(笑)
まぁこの本読みながら、そんなことをつらつらと考えてしまった次第です。

私には少し難しい部分もかったけど、無問題。おすすめですー。

YL3~トラックバック(0)  コメント(10)
2007'01.15.07:34

Alice in Wonderland

Alice in Wonderland: Level 2 (PENG) Alice in Wonderland: Level 2 (PENG)
Lewis Carroll (2001/01/22)
Prentice Hall College Div
この商品の詳細を見る

YL2.4 総語数7,600
現在まで:59冊 343,818語


読んだことないと思ってたけど、読み始めたら覚えのあるキャラやエピソードが。
昔読んだことあるのかなぁ。謎。

チェシャキャットのことは知っていたけれど、ニヤニヤ笑いを残して消えるところはイメージ通りで、妙にうれしかったり。

最後の最後で少しだれたけど、後はかなり面白く読みました。
表紙はあまり好きじゃないけど、中の絵はきれいだし。

ストーリーをあーだこーだ考えてるとつまんないと思うので、何も考えず、目の前のセンテンスをなぞるように楽しむのがおすすめ。


YL2~トラックバック(0)  コメント(2)
2007'01.04.07:14

Love Actually

Love Actually (Penguin Readers) Love Actually (Penguin Readers)
Richard Curtis (2004/02/05)
Penguin
この商品の詳細を見る

YL4 総語数14,200
現在まで:58冊 336,218語



Love Actuallyはすっごく好きな映画でして、DVDではなくVHS(笑)を所有しております。ということで、実家への移動時間などを利用して、コレを読んでみました。

amazonのレビューを読むと豪華脚本とか写真付きとか色々書いてありますが、これはおそらく別の本のことで、私が読んだ本には挿絵や写真は全く付いていませんでした。
で、映画で出てきた登場人物の何人かはカットされています。まぁたしかに、カットされていたのは簡単な英語にするにはやや難のある方々(シーン)なのですが(笑)。
今回のでも「あの時のあのセリフ」はある程度再現できてると思いますが、映像を見るためのスクリプトとしては不十分なので、こうなってくると「写真付き豪華脚本」の方が欲しくなってきました(^_^;)

非常に登場人物が多く、それぞれの物語が別々の場所で同時進行するお話なので、映画をみない方が読むと混乱するんじゃないかと思います。ので、ぜひ映画をみてから読んでみて下さい。



YL4~トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。