--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'08.23.14:28

Swimmy

Swimmy (Knopf Children's Paperbacks) Swimmy (Knopf Children's Paperbacks)
Leo Lionni (1992/12)
Alfred a Knopf
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数約200
現在まで:87冊 624,368語


Leo Lionniの絵本、2冊目。
眺めていているだけでも楽しいキレイな絵と、
たぶん以前どこかで聞いたことのある分かりやすい物語。

でも、私的には前読んだFrederickの絵とお話の方が好きかな。

スポンサーサイト
YL2~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'07.10.12:08

BORKA

Borka. Die Erlebnisse einer Wildgans Borka. Die Erlebnisse einer Wildgans
John Burningham (2005/01)
Sauerlaender GmbH
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数約1,060
現在まで:85冊 623,188語


hanazoさんの紹介で読みました。
ありがとうございます!
朗読CDを使って読んだのですが、とても聴きやすい朗読でリズム良く読めました。


絵本作家として有名らしい(←知らなかった)ジョン・バーニンガムさんのデビュー作で、ケイト・グリーナウェイ賞というのを受賞した作品だそうです。

生まれたばかりの6羽のガチョウの中で、たった一羽だけ羽の生えていないBorkaがこの絵本の主役。
この設定だけ聞くと「みにくいアヒルの子」に似ているようにも思いますが、Borkaの方が本来の「優しさ」みたいなものが溢れているような気がします。


ネタバレかもしれないですが、
最後は「あぁ良かった…」と、しみじみと思える素敵な絵本です。

なんとも味わいのあるあったかいタッチの絵も良かったです。
こういう絵を見ると、自分でも何か描いてみたくなりますね。

YL2~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.18.17:53

Alone in His Teacher's House

Marvin Redpost: Alone in His Teacher's House (Stepping Stone Book) Marvin Redpost: Alone in His Teacher's House (Stepping Stone Book)
Louis Sachar (1994/02)
Random House Childrens Books
この商品の詳細を見る

YL2.5 総語数 6,698
現在まで:80冊 571,646語

シリーズ4作目。
Marvinは1作目と比べるとずいぶんオトナになったなぁと思い、じーんときました。
まさかこんな展開になると思っていなかっただけに、、、やられました。
最後の方では、もはやううううっっっとアホみたいに泣きっぱなしで。
自分がもしもMarvinと同じ歳で、同じ出来事にであったらと思うと、胸が詰まりそうに苦しくなりました。
今までのシリーズの中で、これが一番好きです。
次の1冊も、当然読みます!



YL2~トラックバック(0)  コメント(6)
2007'04.26.20:27

The Canterville Ghost

不調続行中なので、ゴロゴロしつつたまに本気で寝つつ、読書のみ。
明日はまず間違いなく復活してるでしょう♪

The Canterville Ghost (Heinemann Guided Readers) The Canterville Ghost (Heinemann Guided Readers)
Oscar Wilde、Stephen Colbourn 他 (1993/01/31)
Macmillan ELT
この商品の詳細を見る

YL2.8 総語数8,200
現在まで:76冊 516,148語

Canterville Ghostの他、2編が収められてます。
こういうお話だったんですね、カンタヴィルの幽霊。
幽霊?なにそれ?なアメリカンファミリー、面白すぎw
2話目、3話目も面白かったです~。やっぱオスカーワイルドいいわ。
確かこれと全く同じ本、パラさんが読んでた記憶が…。
その時からこの表紙が気になって、読んでみたかったんですよね。
パラさん、元気かなぁ。


YL2~トラックバック(0)  コメント(2)
2007'02.14.00:12

Z. for Zachariah

Z. for Zachariah (Heinemann Guided Readers) Z. for Zachariah (Heinemann Guided Readers)
Robert C. O'Brien、Peter Hodson 他 (1992/12/31)
Macmillan ELT
この商品の詳細を見る

YL2.7 総語数12,000
現在まで:67冊 417,349語


核戦争が起こり、たった一人生き残り、谷で生活をする少女。
ある日一人の男が現れて…。


一気読みしましたー。ものすごーく読みやすい本。

戦争後に一人生き残ってって話は以前も短編で読んだことあったんですけど、これは途中までかなり斬新な展開で、結構引き込まれました。

ノロノロ読みの私には珍しく、割と集中力が途切れずに読み切れました。
多読に適した本ではないでしょうか。


あー、でも大昔読んだその短編、なんてタイトルだったっけなぁと思い出せないのが悔しい!
神林長平だったような気がするんだけど、全然勘違いかも(^_^;)

YL2~トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。