--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'08.24.17:20

Mouse Tales / Mouse Soup

Mouse Tales (I Can Read) Mouse Tales (I Can Read)
Arnold Lobel (1978/10)
Trophy Pr
この商品の詳細を見る

YL1.4 総語数約1,505
現在まで:90冊 630,473語

Mouse Soup (An I Can Read Book) Mouse Soup (An I Can Read Book)
Arnold Lobel (1983/09)
Trophy Pr
この商品の詳細を見る

YL1.4 総語数約1,339
現在まで:91冊 631,812語


CD聴きながらサクサクと、一気に。
いやぁ、かわゆすかわゆす。
こういう易しい本を読み聴きしていると、
最近またむくむくと頭をもたげてきた英語への自信のなさが
ちょこっと和らいでくれるみたいで、なかなかいいなぁ。

どっちかって言えばMouse Talesの方が好き。
お父さんネズミが7匹の子ネズミに読み聞かせる7つのお話。
The old manってお話だけはやや?だけど、
ウハハハとか、おいおいwとか、え…?(汗)とか、どんだけーとか、
時折ブキミに呟きつつ、たっぷり楽しませていただきました♪

Mouse Soupの中では、悪い夢でも見ているようなThe Cricketsが超お気に入り。
あ、決してホラーとかいう意味ではなくて。(笑)
これはゼヒトモ聴きながら読んで欲しい作品だなぁ。
笑いと寒気が一緒に味わえます。(^_^;)

スポンサーサイト
YL1~トラックバック(0)  コメント(0)
2007'06.01.18:30

Papa, Please Get the Moon for Me

Papa, Please Get the Moon for Me (Classic Board Book) Papa, Please Get the Moon for Me (Classic Board Book)
Eric Carle (1999/10/01)
Little Simon
この商品の詳細を見る

YL1.5 総語数235
現在まで:81冊 565,215語


お月様と遊びたい!と娘にせがまれたパパさん。
どんだけーと突っ込み必至な、超ロングはしごを使って大奮闘。そして…。


これも図書館で立ち読みした、エリック・カールの絵本。
折りたたみ式のページを開くと、絵が長くなったり広~くなったり。
きれいで楽しい、しかけ絵本です。
結構面白かったです。



YL1~トラックバック(0)  コメント(0)
2006'10.22.00:29

Gift of the Magi

Gift of the Magi (Penguin Reader, Level 1) Gift of the Magi (Penguin Reader, Level 1)
O. Henry (2001/01/29)
Prentice Hall College Div
この商品の詳細を見る

YL1.2 総語数4,400 現在まで216,695
だいぶ前に買っていて、なぜか読む気にならずに放置してあった本。
プチ断食でややだるだるなので、少しラクに読めるものをと思って、読んでみた。
さすがにこのレベルだと、読みやすいですね。
だるだるでもサクサク。

オー・ヘンリーの短編5編がおさめられています。
なかには読んだこと(聞いたこと?)のあるお話も。
どれもそれなりに楽しんで読めるけど、
3つ目が一番ドキッとして印象深いです。
予想を大きく裏切られてヤラレタと思いました。
YL1~トラックバック(0)  コメント(0)
2006'09.08.07:43

Christmas in Prague

Christmas in Prague (Bookworms Series) Christmas in Prague (Bookworms Series)
Joyce Hannam (2000/08)
Oxford Univ Pr (Sd)
総語数4,734 YL1.9
現在まで94,538

1957年、社会主義国だったチェコスロバキアでのとある出来事が物語の核。

ということで、歴史苦手な私は、
やや構えて読み始めたのですが、余計な心配でした。
単語も文章もやさしいし、非常に読みやすかったです。

この読みやすさはどこからいったいどこから?と不思議ですが、
考えても良く分かりません(笑)

先が知りたくなるミステリー的な部分や、
歴史の重みを背負って生きてきた老人の人生(←こういうのにとても弱い…)
運命によって?引き起こされた偶然などなど、
いくつかの要素がバランスよく配合された
非常に飲みやすくて健康にもよい、果汁入り野菜ジュースって感じでした。


私はリーディングスピードが非常に遅いんですが、
これはあっという間に読み終えました。
英語力がアップしたような気にもなりましたが
それが妄想かどうかハッキリさせるために
なるべく早く次の1冊を読みたいものです。


YL1~トラックバック(0)  コメント(5)
2006'08.09.19:21

Remember Miranda

Remember Miranda: Level 1 (Bookworms Series) Remember Miranda: Level 1 (Bookworms Series)
Rowena Akinyemi (2001/01)
Oxford Univ Pr (Sd)

総語数5,077 YL1.9
現在まで89,804

ラブ・サスペンス、かな。
面白かったですよー。
この間よんだLove or Money?よりも、こっちの方が好みだな~。

主人公のCathy目線で描かれた一人称の小説。
↑こういう方が、読みやすいです、私は。

登場人物同士のセリフのやりとりと、どことなく不安げなCathyの語りで
積み上がっていくストーリーにいつの間にか引き込まれ、
私の読むスピードはどんどんあがっていきました。

意外な展開、さらに深まる謎、(以下略)……と、
後半にかけてお話は盛り上がっていきます。



そして……


最後の最後で、


残念ながら一気に失速します(笑)



でももうこの辺はGRだとしょーがないですよね。
ある意味、慣れましたw
だから、この本には満足しています、はい。
こういうの、ホント好きです。

YL1~トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOPBack
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。