--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.01.18:16

Rosie's Walk

Rosie's Walk Rosie's Walk
Pat Hutchins (1971/08)
Aladdin Paperbacks
この商品の詳細を見る

YL0.2 総語数32
現在まで:80冊 564,980語

図書館で立ち読み。
32文字しかないので瞬く間に読み終わりました。

どこまでもスーパーマイペースなRosieが、飄々としていて良い感じでした。
たまにはこういう絵本を読むのもいいですね~。

スポンサーサイト
YL0~トラックバック(0)  コメント(0)
2006'07.17.14:46

The Missing Coins

The Missing Coins (PENG) The Missing Coins (PENG)
John Escott (2000/11/10)
Longman

総語数1,300 YL0.9
現在まで65,415語

英語もすんなり読めたし、内容もなかなか面白かったですよ。
犯人は途中からなんとなく分かるんですが、「どうやってやったのか」については、全然分かりませんでした、私は。
読み終わってから挿絵を見返してみてなるほど~!と。

というか、表紙が立派ですね、この本は。
中の挿絵も不快な感じがせず、カフェでも周りを気にせず読めたので(笑)、その点でも良かったです。
YL0~トラックバック(0)  コメント(6)
2006'06.25.20:44

Girl on a Motorcycle

Girl on a Motorcycle (Oxford Bookworms Starters S.) Girl on a Motorcycle (Oxford Bookworms Starters S.)
John Escott (1999/12/16)
Oxford University Press

総語数1,500 YL0.8
現在まで56,387語

(≧∇≦)ブハハハ!
↑思わずこのよーな顔文字を使いたくなった本。
一応サスペンス?なんですが、つっこみどころ満載のおバカストーリーとして、かなり楽しめましたよー。
主人公ケニー君の好奇心旺盛且つ正義感十二分、危険をかえりみない血気盛んな行動の数々が、ありえなくって面白い。
「アナタ何もそこまで…」「そこまでやってなんの得が…」と繰り返し突っこむうちに、あっという間に読み終わりました(^_^;
いやー、面白かったー。
本来のストーリーもそこそこちゃんとしてて普通に面白いですよー。
ハマる人にはハマる1冊(なはず)。
YL0~トラックバック(0)  コメント(0)
2006'06.17.02:01

The Fifteenth Character

The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Starters S.) The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Starters S.)
Rosemary Border (2000/02/24)
Oxford University Press

総語数1500 YL0.8
現在まで51,981語

たぶん読みやすく分かりやすく、この語数にしてはそれなりに良くできた本なんだと思います。たぶん。
でも、朝起きがけに読んだのが悪かったのか…
1500語しかないのに、途中でちょっと寝ました(汗)
あまり私が好きな本ではなかったようで、残念。

あ、でもアマゾンでの評価はそう悪くないですよ~、念のため。
YL0~トラックバック(0)  コメント(0)
2006'06.14.09:14

Flying Home

Flying Home (Penguin Reader Series: Easystarts) Flying Home (Penguin Reader Series: Easystarts)
Stephen Rabley (1998/11/25)
Prentice Hall College Div

総語数1000
現在まで50,481語

この本は買ってないんですが、遅まきながら購入した「今日から読みます英語100万語」に納められてたので、それを読みました。
時間計れと書いてあったので計ってみたんですが、なんとこの期に及んで11分かかりましたよ!
リーディング全般が遅いような気がしてたんですが、やっぱりなぁ…。
つい本としての面白さを求め、なおかつお金もったいないとか思ってしまってw、レベル0をほとんど読まなかったんですが、やはり基本に戻ってレベル0の本をもう少し読んだ方がいいかもしれません。(^_^;)
あとは、今回のように時間を意識して読んだほうがいいんでしょうね。つい「空いた時間に」とかやってるから、時間がまったく把握出来てない。レベル0の本は、なるべく1度に読むようにしたいです。
---
あ、忘れてた。お話の方ですが、内容そのものというよりも、色彩がきれいだな~と文字を追いながら思いました。こっちのPenguin Readerの方は、挿絵が入っているのかな?私が読んだのは文字だけでしたが、読みながら↑この表紙のイラストを思い出して想像を膨らませて、11分間色を楽しみました。

YL0~トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOPBack
Copyright © 英語で読書~のろのろ多読メモ. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。